濁り湯が良いとは一概に言えません

 各温泉には様々な泉質があり、訪れる人々を
楽しませています、ただ注意をして欲しいのは
単に濁り湯が良いとの勘違いをしないでください。

 例えば白濁湯の場合酸ヶ湯温泉、恐山温泉、
乳頭温泉「鶴の湯」、高湯温泉「玉子湯」、
白骨温泉「泡の湯」、万座温泉「日進館」などなど
湯船を掃除した後は決して白く濁ってはいません。

 湯船が白く濁っているのは湯船の清掃をしばらく
していない証拠です、恐らく数週間から数か月湯船を
掃除をせず、そのまま放置されている状態の湯船です。

 幾ら源泉かけ流しと言えども、決して清潔とは言えません、
大量の源泉を湯船に注いだとしても入浴客が多い場合など
湯船の温泉が全て入れ替わるはずがありません。

 私の場合入浴客が多い場合の利用は避けますし、また、
余りにも濁る湯が濁っている場合も避けます、こんな
状況で温泉に浸かるのは逆効果としか思えません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント